「ほっ」と。キャンペーン

溜7寸盛皿「松唐草に紅白梅」

ドームでお客様から受注した品物です。
e0130334_19241074.jpg

当工房の定番の品ですが以前の品と違って、表面にも絵を施してあります。
e0130334_19241156.jpg

今の時期は、ドームでお客様とお約束した納期を守る為の仕事が中心となります。

職人にとって納期を守る事は、一番重要な事かもしれません。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら





[PR]
# by yasuthugu | 2017-02-23 05:57 | work & goods | Comments(0)

乾漆鉢

何時もごひいきを頂いているお客様がお出でになられ、
定年の記念のプレゼントにと乾漆鉢をお買い上げ頂きました。
e0130334_17230080.jpg

会津で言う乾漆鉢とは、一般的な乾漆とは違います。

塗り師さんが、漆を入れていた道具で何層にも漆が塗られており、
それを研ぎ出して艶を上げた鉢の事を言います。
津軽塗と同じ様な技法です。

それぞれ研ぎ方で表情が違います。
e0130334_17230147.jpg

e0130334_17230294.jpg

問屋さんの店先では驚く様な値段が表示されています。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
# by yasuthugu | 2017-02-22 05:08 | work & goods | Comments(0)

漆塗り錫タンブラー

半年前に発注していた錫タンブラーが塗り上がって来ました。
e0130334_18072800.jpg

黒と朱、各5客。
問題は値段の設定です。錫タンブラーと塗り賃で1客¥10,000。
錫タンブラーを作っている工房では、無地の品でも¥12,960(税込)で販売されている品物です。
e0130334_18072976.jpg

これに絵を施したら値段を幾らにすれば良いのでしょう?

以前、サンプルで絵付けした品物です。
e0130334_18073062.jpg

ゆっくりと嫁入りを待つ事になりそうです。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら





[PR]
# by yasuthugu | 2017-02-21 03:33 | work & goods | Comments(0)

一足早いお花見

妻が、雪で落ちていたお城の桜の枝を持ち帰えり玄関に挿しておいた桜が開花しました。
e0130334_08144901.jpg

会津で一番早いお花見かもしれません。

この処、会津も暖かい日が続き雪もだいぶ溶けました。
この時期、カラオケは「春を待つ手紙」です。

春を待つ喜びが一日一日と増して来ます。





御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
# by yasuthugu | 2017-02-20 07:10 | flower | Comments(0)

会津漆器考 「訓練校講師の辞任」

この度、9年間務めさせて頂きました訓練校の講師を辞任する事に致しました。

この間に卒業生を二人、当工房に引き受けて弟子として育てて来ました。

今年の入学生は蒔絵専攻で、当初は講師を続けるつもりでおりました。
しかし、カリキュラム委員会と言う上層部からの授業内容を見たら、
会津漆器の職人の技法を伝授する事から掛け離れているものでした。

訓練生の事を考えているとは到底思われません。

卒業生の意見も反映されていません。(話も聞いていないと思いますが)

講師を辞任する事で、訓練生との接点も無くなりますので、遠藤が私の最後の弟子になります。

このカリキュラムで卒業生が会津漆器の職人として育つのか、見守って行きたいと思います。




御蒔絵やまうちのホームページは こちら





[PR]
# by yasuthugu | 2017-02-19 07:28 | work & goods | Comments(2)

祖父の品物

弟子の美奈が祖父、功の残した品物を見たいと言うので久しぶりに出してみました。

12客揃いの銘々皿です。
箱書きには昭和6年春と書いてあります。
45歳の時の品物で、86年の歳月が経っていますが、木地も薄引きで塗りもしっかりしています。
e0130334_17270883.jpg

e0130334_17270987.jpg

e0130334_17270975.jpg

こちらは花見重です。
e0130334_17271089.jpg

これが当時の普段の仕事だったと思われます。
この品物を見ると、今の自分が恥ずかしく思われて来ます。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
# by yasuthugu | 2017-02-18 04:51 | work & goods | Comments(0)

会津漆器ではありません!

「乗車券代わりに会津漆器の「おちょこ」が入った巾着を販売し、
バスで酒造店や郷土料理店などを巡る観光事業」だそうです。

しかし、そのおちょこは漆器と呼べる品ではありません。
樹脂製でウレタン等の吹き付け、絵はスクリーンでの仕上げです。
e0130334_06221235.jpg

会津漆器としてこうした品物を堂々と表示する事がPRに繋がるとは思えません。

何度も言いますが、漆器とは漆の器です。
漆器を知らない観光客がこれを会津漆器と思われる事が懸念されます。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら





[PR]
# by yasuthugu | 2017-02-17 06:16 | etc. | Comments(0)

工房の二つの時計

昨年暮れに収めた時計を余分に作りましたので、工房のギャラリーにも展示しました。

その上には祖父が購入した振り子時計が、ずっとギャラリーを見守って来ました。
e0130334_13000499.jpg

振り子時計と電波時計、新旧二つの時計が工房の時を刻む事になりました。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら










[PR]
# by yasuthugu | 2017-02-16 05:30 | etc. | Comments(0)

仕事の再開

東京から帰郷して一週間、荷解き、品物の整理、伝票の整理、
お客様への礼状を書き終えて、ようやく仕事を再開する事が出来ました。

筆を持つのは20日ぶりになります。
先ずはドームで、お客様からの受注品の中で無地の在庫がある品物から取り掛かりました。
e0130334_19303494.jpg

やはり工房の中で筆を持つと何故か落ち着きます。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら







[PR]
# by yasuthugu | 2017-02-15 07:01 | work & goods | Comments(0)

大学校友会 会報誌

母校の大学校友会 会報誌が手元に届きました。
今回は伝統工芸にスポットをあて卒業生を紹介しています。

昨年の秋に取材に来られたもので、表紙が綺麗です。
e0130334_02495886.jpg

e0130334_02495812.jpg

e0130334_02495931.jpg

25年以上前、私が初めて東京での展示会に出品して、
初めてのお客様になって頂いたN様から、早速に御連絡を頂きました。

亡くなられた御主人は歯医者さんで息子さんとお孫さんも
日大歯学部の卒業生でこの会報誌を御覧になられたそうです。

以前、JR東日本のトランベールに掲載された時も直ぐに御連絡頂きましたが、
今回も大変喜んで頂き、涙ぐんでいらっしゃいました。

一昨日には日大山形高校の先生が奥様とお訪ねになられ、
工房入り口で「おうえんできました。」と言われたので、
私は何の応援かと勘違いしてしまいました。

手元に何冊か有りますので、御希望の方は御連絡下さい。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら





[PR]
# by yasuthugu | 2017-02-14 01:52 | work & goods | Comments(0)