会津漆器考 「会津漆器技術後継者訓練校」2年生の進路

私なりに心配していました訓練校2年生の進路がほぼ決まった様です。

一人は大手の仏壇製造メーカー、一人は私の同級生が経営者の問屋で、製造の方にも関われると聞いています。

残りの二人は職人に弟子入りする事が出来そうと聞きました。

訓練校の実技の指導は我々職人が携わっていますが、生徒の進路について気を使っている講師は何人いるでしょうか。

一般的に、どの学校の先生も教える生徒の進路には一番重きを置いて指導しているはずです。
教える事も大事な事ですが、育てる事はもっと重要な事ではないでしょうか。

教える職人にも、この位の気構えを持って講師になって欲しいのが私なりの考えです。

訓練校には運営委員会も有りますが、卒業後の進路にもっと重きを置いてもらいたいと考えます。

いくら入学生が多くても、職人として育てられなければ学校の名前の意味が無い事になってしまいます。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
by yasuthugu | 2015-01-13 03:16 | work & goods | Comments(0)
<< 金地杯 姪の成人式 >>