祖父の品物

弟子の美奈が祖父、功の残した品物を見たいと言うので久しぶりに出してみました。

12客揃いの銘々皿です。
箱書きには昭和6年春と書いてあります。
45歳の時の品物で、86年の歳月が経っていますが、木地も薄引きで塗りもしっかりしています。
e0130334_17270883.jpg

e0130334_17270987.jpg

e0130334_17270975.jpg

こちらは花見重です。
e0130334_17271089.jpg

これが当時の普段の仕事だったと思われます。
この品物を見ると、今の自分が恥ずかしく思われて来ます。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
by yasuthugu | 2017-02-18 04:51 | work & goods | Comments(0)
<< 会津漆器考 「訓練校講師の辞任」 会津漆器ではありません! >>