カテゴリ:work & goods( 880 )

In the Heart of Aizu

昨日も工房にこもっていて話題が無いので、フェイスブックを御覧の方以外の為に、
昨年アメリカからお出でになられたカメラマンの映像を御覧下さい。
e0130334_10363383.jpg

会津の漆器職人に視点をおいた綺麗な画像です。
https://vimeo.com/209845535




御蒔絵やまうちのホームページは こちら





[PR]
by yasuthugu | 2017-03-27 06:10 | work & goods | Comments(0)

金婚式のお祝い品

千葉のN様から御注文頂きました夫婦椀「宝づくし」です。
e0130334_16021418.jpg

御両親の金婚式の御祝品にお選び頂きました。

吉兆柄で小ぶりですので今迄はお子様の誕生祝いや、お食い初めの品として重宝されておりました。

それぞれに御両親のお名前をお入れして納品させて頂きました。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
by yasuthugu | 2017-03-25 04:37 | work & goods | Comments(0)

会津漆器考 「これからの蒔絵師」

昨日御紹介致しました椿皿の仕上げが出来るまで、新しい絵付けに入ります。
e0130334_17361782.jpg

昔の蒔絵師は問屋に提供された品物に絵付けをすれば良かったのですが、
今の会津漆器では漆での問屋の仕事は殆どありません。

ですから、自分で品物を調達し絵付けをして販売しなければならない時代です。

以前の様に問屋が漆器を作る時代は戻って来ないと思うので、これからの蒔絵師は
自分の販路を見つけて、自分の品物を作る意識が無いと駄目だと思います。

訓練校でも余計な授業を減らしても、こういう事を教えて欲しいものです。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら









[PR]
by yasuthugu | 2017-03-23 05:55 | work & goods | Comments(0)

4寸椿皿Ⅱ

前に御紹介させて頂きました4寸椿皿の花の絵付けが終わりました。
e0130334_17215362.jpg

しばらく空風呂で自然乾燥させてから、仕上げをします。

仕上げに入れるのは漆の御機嫌次第ですが2週間程先だと思います。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
by yasuthugu | 2017-03-22 04:36 | work & goods | Comments(0)

高上げ

御注文品の椀「波に千鳥」の高上げの様子です。
e0130334_17443265.jpg

千鳥の部分を高上げ漆で盛り上げる工程です。

眼の部分の貝と高上げ漆が垂れない様に水平にして置かなければなりません。

湿気を与える事は禁物です。
漆を厚くするので漆が縮まない様に自然乾燥させなければなりません。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
by yasuthugu | 2017-03-14 04:48 | work & goods | Comments(0)

箱膳

10年位前に作った箱膳が漸く嫁入りする事となりました。

ドームに持っては行きましたが、品物の展示台にしていた品物です。

お客様の御要望で蓋裏に嫁入り衣装を施しています。
e0130334_17341268.jpg

作り手は必要とされる相手が必ず見つかると言う気持ちで、
物作りをしなければならないと言う事に新ためて気付かされました。

焦って物売りする事は、自分の品物に自信が無いと言う事ですね。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
by yasuthugu | 2017-03-12 05:15 | work & goods | Comments(0)

麻糸乾漆片口のニューバージョン

先日、お客様がお出でなられて麻糸片口を御注文頂きました。

今迄の片口では大きいとの事で、新しい片口を作る事に致しました。

それがこちらです。
e0130334_15513704.jpg

私には入る量が小さ過ぎると思いますが、新しいバージョンが一つ増えました。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
by yasuthugu | 2017-03-11 05:13 | work & goods | Comments(0)

黒田朱

塗り師の冨樫君から譲って頂いた黒田朱です。
e0130334_15463125.jpg

今は製造していない品で、お父様が購入していたものが出て来たそうです。
塗りには使わないそうで、譲って頂きました。

会津漆器の伝統技法の朱磨きには最適の朱です。
他の朱を使っている蒔絵師さんもいますが、これに勝る朱はありません。

こうした材料を確保する事が、会津漆器の伝統技法を守る事に繋がると思います。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら




[PR]
by yasuthugu | 2017-03-09 05:18 | work & goods | Comments(0)

4寸椿皿

確定申告も終わり、新しい仕事に取り掛かりました。
ドームで御注文頂いた4寸椿皿「四季草花」です。
6客組が2組、5客組が1組です。
e0130334_19031822.jpg

この御注文を頂いた方々は昨年、埼玉から工房にお出でになられた5人の女性です。
他のお二人には手掌皿の5客組を御注文頂きました。

皆様お近くにお住まいなので、何処のお宅に行っても当工房の品物をお使い頂けそうです。

普段は溜と朱で一客売りなので、絵は同じですが今回は全て絵違いになります。

こちらは朱ですが、一客売りの椿皿です。
e0130334_19031960.jpg




御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
by yasuthugu | 2017-03-07 04:47 | work & goods | Comments(0)

朱磨き「菊桐紋様」

ドームで受注した銘々皿の朱磨き「菊桐紋様」の制作です。
e0130334_17521695.jpg

完成品はこちらです。
e0130334_17521709.jpg

あと1ヶ月で当工房を巣立つ弟子の美奈に全て任せます。
会津漆器の伝統技法を身に付けて、これからの物作りに役立って欲しいと考えています。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら







[PR]
by yasuthugu | 2017-03-04 03:56 | work & goods | Comments(0)