<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

メダカ

工房で昨年からメダカを飼っています。展示会をさせていただいている「ギャラリー茜」のマスターに頂戴しました。左の鉢は親メダカ、右の鉢には1センチにも満たない小メダカが泳いでいます。この小メダカの器は、茜でお世話になっている永森教授から、無理矢理頂戴した焼き〆の器です。教授には、「俺の作品にメダカを入れるの」と嘆かれました・・・・
見ているととても可愛いらしく、仕事の疲れが癒される気持ちになります。今年はこの工房でも赤ちゃんメダカの誕生が期待できそうです。
ちなみに窓の外は白い雪です。
e0130334_1555329.jpg

白・赤・黒の3種のメダカがいます。赤ちゃんメダカは、どんな色で誕生してくるのか楽しみです。
e0130334_1565189.jpg

  
                           御蒔絵やまうちのホームページは こちらから どうぞ
[PR]
by yasuthugu | 2008-02-26 02:15 | etc. | Comments(2)

蒔絵教室

伝統工芸士会で行っている、市内小学校の蒔絵体験教室に講師として行って来ました。
この体験教室は毎年行っているもので、1年に10校位で行っています。もちろん体験料は無料です。
この日は東山小学校の4年生全員56人で開催されました。人数が少なかったので、講師は弟子の朋子を含め4人でした。2時間ほどの時間でしたが、皆一生懸命にお椀に向かって自分だけのオリジナル椀を制作しました。

小林会長が会津漆器の歴史、概要を説明
e0130334_215486.jpg


弟子の朋子も講師として活躍
e0130334_245750.jpg


完成したオリジナル椀 私の品物よりずっとカラフル?
e0130334_262488.jpg
御蒔絵やまうちのホームページは こちらから どうぞ

                              
[PR]
by yasuthugu | 2008-02-23 02:07 | event | Comments(1)

定盤の上

定盤(じょうばん)とは、漆の仕事をする作業台の事です。
この上で漆を作ったり、パレット替わりにも使います。
パレット替わりに輪島等では爪盤という物を使いますが、
会津ではほとんどが定盤上で行います。作業で残った漆が何層にもなっています。

e0130334_3435190.jpg


普段使う蒔絵筆は定盤のうえにあります。
e0130334_3444881.jpg
御蒔絵やまうちのホームページは こちらから どうぞ

                           
[PR]
by yasuthugu | 2008-02-21 03:47 | work & goods | Comments(2)