<   2012年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

サンクスプレゼント

テーブルウェア・フェスティバルは、今年で20周年の記念開催になります。

例年は入場者に先着順で主催者側がプレゼントを用意していましたが、今年は出店者が提供する事になりました。

当工房の提供品はこちらです。
e0130334_44466.jpg

朱手掌皿「松に梅」、塗りは冨樫君の工房の品です。
e0130334_494555.jpg

これを10客、提供する事になりました。

オープン時に300名、午後3時に100名の入場者に引換券をお渡しするそうです。
詳しくは、こちらのテーブルウェア・フェスティバル ホームページを御覧下さい。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら
[PR]
by yasuthugu | 2012-01-31 04:15 | work & goods | Comments(0)

修理品

今日の画像は、昨年のドームで、お二人のお客様からお預かりした修理品です。

左のお椀は15年前にドームでお買いあげ頂いた当工房の乾漆椀で、右は山中塗の夫婦椀です。
e0130334_337562.jpg

お客様お二人の「来年のドームまでで構いません」というお言葉に甘えてようやく仕上がりました。

今から、お客様のお喜びになられる顔を楽しみにしています。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら
[PR]
by yasuthugu | 2012-01-30 03:47 | work & goods | Comments(0)

桔梗型五段大徳寺重

今日の投稿は3ヶ月掛かって、ようやく仕上がった品物の御紹介です。
e0130334_4501659.jpg

6寸桔梗型五段大徳寺重です。大徳寺重とは、茶懐石に使われる重箱の事です。

この重箱は、義父が残してくれた品物です。作ってから30年以上経っていたので、塗り師さんに塗り直してもらいました。

重箱の曲面は惣輪師(板物の木地師)さんが、全てカンナで削り出して作り上げたものです。
今でも会津にも一人だけ、この技術をお持ちの職人さんはいますが、高価な品になってしまう事でしょう。

蓋が二つありますので、いろいろなバリュエーションで使えます。
e0130334_554879.jpg

e0130334_59165.jpg

ドームでの展示に間に合い、ホッとしています。




御蒔絵やまうちのホームページは こちら
[PR]
by yasuthugu | 2012-01-29 05:12 | work & goods | Comments(2)

東京ドーム「アリーナスタジオ」

2月4日(土)から12日(日)東京ドームで開催されます「テーブルウェア・フェスティバル2012」の中で、
11日(土)11:00から中央アリーナスタジオに於いて「漆と蒔絵の道具」という演目でお話をさせて頂く事となりました。

ステージ上に工房を再現し、普段使っている道具についてお話を致します。

昨年はテーブルコーディネーターの方の御依頼で、初日のトップバターとして漆器の話をさせて頂きました。
昨年の様子です。
e0130334_4221727.jpg

e0130334_4264350.jpg

本来ならば、会津の仲間達と一緒の予定でおりましたが、「店が忙しい」という理由で皆、辞退しました。
一緒に出店している三浦さんも同じ理由で辞退(私も同じ店なのに・・・)。

一度は止めようと思いましたが、他の漆器産地が参加しているのに会津が出ないのではと考え、私一人での参加となりました。

一人では不安ですので、朋子にアシスタントとして手伝ってもらう予定でおります。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら
[PR]
by yasuthugu | 2012-01-28 04:41 | event | Comments(0)

箸置き「松竹梅」

今日の画像は、ドームに展示する箸置きです。
e0130334_6333161.jpg

この木地は、昨年10月に行われた日本伝統工芸士会全国大会で、京都の方から購入した品です。
左が朴、右が欅です。
e0130334_6411644.jpg

摺り漆を繰り返す度に、木地が表情を変えて答えてくれました。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら
[PR]
by yasuthugu | 2012-01-27 06:46 | work & goods | Comments(2)

袋貼り

今日の画像はこちらですが、何だかお解りでしょうか?
e0130334_417069.jpg

これは、ドームで箸をお買いあげ頂いたお客様に使う箸袋です。
e0130334_4204066.jpg

金を蒔く合間の時間に、当工房で使用している包装紙の余りで作りました。

お金を出せば買える物ですが、包装紙ももったいないし、何せ当工房は全て手作りをモットーにしていますので。

塗師だった義父の作った重箱の袋を義母が作っていたのを思い出します。


御蒔絵やまうちのホームページは こちら
[PR]
by yasuthugu | 2012-01-26 04:30 | work & goods | Comments(0)

戦いのあと

タイトルは違いますが、またまた記念品の箸の制作工程です。

暖房もない工房の入り口で二日間、箸の頭の切断と研磨に没頭しました。
終わってみると、こんな状態でした。
e0130334_4345279.jpg

e0130334_4355432.jpg

マスクはしておりましたが身体中、木粉紛れになってしまいました。
普段の仕事が、いかに楽か身にしみました。

埃を払い、ようやく元通りの入り口に戻りました。
e0130334_4425312.jpg

作業中、工房を訪れ頂いたお客様、申し訳ございませんでした。

この後、頭の部分をこの様に何度か塗り重ねます。
e0130334_4445812.jpg

テーブルウェア・フェスティバルの出店の為、上京するのに後一週間になってしまいました。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら




          
[PR]
by yasuthugu | 2012-01-25 04:48 | work & goods | Comments(0)

展示会のお知らせ

輪島の若宮隆志さんの個展のお知らせです。
e0130334_4301220.jpg

東京での個展ですが、今年は2週に分けて開催されます。
e0130334_4313847.jpg

私もドームでのイベントの為、上京していますので三越の会場にお伺いしたいと思っています。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら




          
[PR]
by yasuthugu | 2012-01-24 04:38 | exhibition | Comments(0)

記念品Ⅴ

工房の入り口の土間が木工所になってしまいました。
e0130334_4274555.jpg

塗りと研ぎを5回繰り返した、箸の頭の切断と研磨の作業です。
寒い場所ですが、ほこりが出るのでこの場所になりました。(お客様の事は考えませんでした・・・)

普段は別の方法で塗っているのですが、今回は数が多いのでこの方法にしました。
丸鋸とグラインダーは手伝ってもらっている村上君から、お借りしました。

箸をこの様に長さに合わせて置いて切断します。
e0130334_43389.jpg

この後、グラインダーで切断部を研磨します。
e0130334_4403893.jpg

1200本を5回ですから6000本、塗りと研ぎをした事になります。

この後、頭を何度か塗り重ね、仕上げに朱漆を塗りますので、やっと半分の工程が終わりました。
ドームに行けるか心配です。


御蒔絵やまうちのホームページは こちら




          
[PR]
by yasuthugu | 2012-01-23 04:53 | work & goods | Comments(2)

会津塗伝統工芸士会新年会

昨夜、会津塗伝統工芸士会の新年会が老舗割烹「萬花楼」で開催されました。
今まで華やかな場所は遠慮していましたが、会員の出席者が少ないとの事で会長命令で出席しました。
e0130334_755172.jpg

民主党の御隠居さん、もとい副将軍、渡部恒三先生もお出でいただきました。
e0130334_80731.jpg

私の叔父でもある副会長のポケットマネーで、東山の芸妓さん5人も祝舞を披露してくれました。
e0130334_831892.jpg

2次会も会員の半数が出席して、遅くまで盛り上がりました。
e0130334_89099.jpg

会津塗伝統工芸士会は皆、元気です!


御蒔絵やまうちのホームページは こちら




               
[PR]
by yasuthugu | 2012-01-22 08:09 | event | Comments(4)