<   2014年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

会津漆器考 「二人の父」

小屋の整理で見つけた写真です。
e0130334_4826.jpg

左側が父 清司、右側が蒔絵の父 曽根卓男先生です。
生前、二人揃ってディサービスに行った時のワンショットです。

二人は家も近く小学校からの同級生で亡くなったのも同じ年でした。

父は東京美術学校に進み、卓男先生は家業を継いで会津漆器に大きな足跡を残しました。

ちなみに私の祖父 功も曽根先生の工房で修行して蒔絵師となり、
卓男先生をおぶって子守りもしたと言っていました。

父は勿論ですが、この二人が居なかったなら、私の今は無いと思います。

私の二人の父親です。
この写真は工房に飾りたいと思います。


御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
by yasuthugu | 2014-10-31 04:09 | work & goods | Comments(0)

取材

昨日は午後から雑誌の取材で6名のクルーが来訪されました。

有名光学機器メーカーで株主さんなどにも配られる社内報の取材でした。

全てこだわりのあるクルーでしたので、1時半から始まり終了したのは6時半を回っていました。

工房内はスタジオにもなりました。
e0130334_422020.jpg

e0130334_4220100.jpg

前にもお話したかもしれませんが当工房に取材が入るのは、蔵のロケーションのお陰だと思います。


御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
by yasuthugu | 2014-10-30 04:02 | etc. | Comments(0)

観音沼の秋


昨日、妻と下郷町の観音沼に紅葉狩りに行って来ました。
e0130334_64637.jpg
e0130334_64737.jpg
e0130334_64863.jpg
寒い一日でしたが、山頂には初冠雪も有り一色増えてとても綺麗でした。

観音沼には何度も行った事はありますが秋は初めてで、皆が観音沼の紅葉は最高と言うのが良く解りました。

昼食は近くにある、何度も振られた平野屋さんでようやく食べる事が出来て、妻は大喜びでした。
e0130334_64980.jpg
開店30分前でしたが入れてもらい美味しい韓国料理を堪能しました。
こちらが前菜です。(全てサービス)
e0130334_641093.jpg
妻が注文したのは前から食べてみたかった石焼ビビンバ。
e0130334_64104.jpg
中辛でしたが、汗をかいて身体が暖まりました。

私はチゲ鍋(うどん入り)。
e0130334_641112.jpg
帰りは近くの日本秘湯を守る会の甲子温泉大黒屋さんに立ち寄りました。
e0130334_641257.jpg
左側が混浴の大浴場、右側が女性風呂になっています。

どちらも石鹸の使用は出来ないので、もう一つあるお風呂に入ってから入りました。

中には男性客が私を含め3名でした。
とても大きな岩風呂でお湯の深さは胸位までありました。

一寸ぬるめのお湯で気持ちが良くなり、縁の座れる所で眠ってしまいました。

何やら大きな笑い声で眼を覚ますと、周りには女性客が10名以上入浴中でした。

出るに出られず、一寸のぼせ気味でした。

お陰で家に帰ってからも身体がポカポカでした。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら





[PR]
by yasuthugu | 2014-10-29 06:04 | aizu | Comments(0)

懐かしい写真

小屋を整理していたら昔のアルバムが出てきました。

4歳の私です。
e0130334_316010.jpg

下駄がお気に入りだった様で、東京に連れて行ってもらった時にも
下駄じゃないと行かないと母を困らせたそうです。

そう言えば、この頃の写真は下駄履きが多いです。

この頃は何を考えていたんでしょう。

蒔絵師になるとは絶対に思っていなかった事は確実です。


御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
by yasuthugu | 2014-10-28 03:16 | etc. | Comments(0)

背あぶり山の風車

先週、湊町に水を汲みに行って来ました。
清水のある場所から背あぶり山を見ると、夏場には二つ程しか見えなかった風力発電の風車が8機に増えていました。
e0130334_433478.jpg
そこで帰り道は背あぶり山に風車を観に行って来ました。
e0130334_43356.jpg
この日はお天気が良かったので、見辛いかもしれませんが、
遠くの布引山の風車群も綺麗に見る事が出来ました。
e0130334_433686.jpg
福島にはもう原子力と言う文字は必要無いと感じた午後でした。


御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
by yasuthugu | 2014-10-27 04:03 | aizu | Comments(0)

漆の仲間

昨日は「会津漆の芸術祭」に参加している全国各地の大学生と
会津の訓練校卒業生の意見交換会が開催されました。
e0130334_7365919.jpg

e0130334_737075.jpg
若い人達の漆に対する考えを聴きたく参加させて頂きました。

思ってはいましたが訓練校の校長をはじめ問屋の顔は一つもありませんでした。
やはり問屋は漆には興味が無い様です。

学生さんの意見には甘い考えもありましたが、皆 漆の仲間です。

その後の懇親会、二次会、三次会と漆の話は尽きませんでした。
e0130334_7370100.jpg

e0130334_737141.jpg



御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
by yasuthugu | 2014-10-26 07:24 | event | Comments(0)

城南小蒔絵教室

昨日は伝統工芸士会の教育事業の蒔絵教室が城南小で開催されました。

5年生3クラスを5人の会員で受け持ちました。
e0130334_5214841.jpg

e0130334_5214984.jpg

最後には体験の感想を嬉しそうに話してくれました。
e0130334_5215024.jpg

2時間半程で、世界に一つのオリジナルのお椀が完成しました。
e0130334_5215177.jpg

e0130334_5215289.jpg

新会員の大竹さんもデビューの日で「疲れますね」と言っていましたが、
若いパワーに生気を吸い取られる様にさえ思われます。


この事業を通して会津の伝統産業を少しでも知ってもらえたなら良いと思います。


御蒔絵やまうちのホームページは こちら





[PR]
by yasuthugu | 2014-10-25 05:21 | event | Comments(0)

功労者表彰

来月、佐賀県で開催される第33回全国伝統工芸士大会で
日本伝統工芸士会功労者表彰を戴く事になりました。

伝統工芸士になって16年、諸先輩の御指導に沿って活動して来ただけです。

伝統工芸士の中ではまだまだ若輩の部類ですが、これからは会津漆器の
未来を受け継ぐ若手の為に尽力して行きたいと思います。

来月は初めての九州に先輩方と同行する予定です。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら







[PR]
by yasuthugu | 2014-10-24 04:32 | etc. | Comments(0)

会津漆器考 「名人」

私がこの道に入った頃、消し粉蒔絵は誰々、平極蒔絵が誰々、朱磨きは誰々
と言った具合に会津漆器には多くの名人と呼ばれる職人が居ました。

塗りでも問屋の仕事で品物を見ると誰の塗りと言うのが一目で解りました。
名人の塗り物を手掛ける時には緊張感を持って当たっていました。

その頃の職人は全て問屋からの仕事で生計を建てていました。
問屋の仕事が多かったので、腕を上げられたのではないでしょうか。

名人と呼ばれた職人も高齢になって一人減り、二人減りとなり、
今の会津漆器に名人と呼ばれる職人は はたしてどの位いるでしょう。

問屋が職人を育てる時代はもうやって来ないと思われます。

会津漆器の問屋制度と言うものは過去のもので、
職人が自ら腕を磨かなければならない時代になっていると思われます。


御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
by yasuthugu | 2014-10-23 04:09 | work & goods | Comments(0)

展示会のお知らせ

会津工芸新生会の秋の展示会のお知らせです。

「会津漆の芸術祭」の協賛となっております。
テーマは線・lineだそうです。
e0130334_6552693.jpg

詳細は下記となっております。
e0130334_6552771.jpg

何時も楽しみにしている展示会です。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
by yasuthugu | 2014-10-22 06:55 | exhibition | Comments(0)