<   2014年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

展示会のお知らせ

磐梯町で制作活動をしている塗り師の村上修一さんの個展のお知らせです。
e0130334_433286.jpg

神楽坂のお店での開催です。
e0130334_433315.jpg

e0130334_433489.jpg

金継ぎと漆絵のワークショップも開催されるそうです。

彼はいわき出身ですが、会津人以上に会津人気質を持っている職人です。
こらから若い職人の先頭になってくれる人物だと思います。

お近くの方は是非、お出掛け下さい。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
by yasuthugu | 2014-11-30 04:32 | exhibition | Comments(0)

第22回 会津・漆対談

前回は私が質問を受けて応えましたが、今回は私が相手を指名して質問をする対談です。

いろいろ悩みましたが、会津漆器協同組合理事長で
(株)太陽漆器代表取締役の小沼一夫さんにお願い致しました。
e0130334_494732.jpg

商部からは初めての登場となります。

小沼さんは商部では唯一の訓練校の前進である
会津漆器後継者養成所を卒業している方です。

会津漆器に対する理事長の立場と、問屋の立場の考えも
突っ込んでお聞きしてみたいと思っています。

私らしく今回は対談後に忘年会にかこつけて飲み会も設定してもらいました。

忘年会だけ出席されても構いませんので、御希望の方は私の方でも構いませんので御連絡下さい。

今迄、出演されている職人さんも出席されると思います。
普段聞けない漆の話で盛り上がりたいと思います。


御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
by yasuthugu | 2014-11-29 04:09 | event | Comments(0)

会津漆器考 「新しい産地への夢」

今まで会津漆器には女性の職人がほとんどいませんでした。
当然、家内工業ですから旦那さんの手伝いをする奥さんはいました。

長く続く会津漆器の低迷で後を継ぐ子息も数えるだけです。
そうなると、将来の会津漆器の職人は訓練校の卒業生に限られるのが現実です。

今現在、職人の元に弟子入りしている卒業生は4人。
漆の仕事だけで自立しているのは3〜4人。
その半数以上が女性で占められています。

この女性達が会津漆器の将来を担う職人です。

この若い作り手、しかも女性の職人が作る本物の漆器。
これからの若い使い手が求める漆器にも充分に対応して行けるはずです。

これは他の産地には無い特長になってくれると思います。

今まで会津漆器には女性の伝統工芸士が一人もいません。
この中から一日でも早く伝統工芸士が誕生する事が楽しみです。

その為にも、漆を愛する仲間達と尽力していきたいと思います。


御蒔絵やまうちのホームページは こちら







[PR]
by yasuthugu | 2014-11-28 05:04 | work & goods | Comments(0)

朱4.5寸加伏三段重「四季草花」

先日、投稿した金地杯が意外と評判が良かったので
加伏の重箱にもこの様に絵を施してみました。
e0130334_4132477.jpg

e0130334_4132590.jpg
金の部分は金箔と消粉を蒔いてあります。
こちらもドーム用にしたいと思います。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
by yasuthugu | 2014-11-27 04:12 | Comments(0)

会津漆器考 「お客様の会津漆器考Ⅱ」

会津若松には観光地としても多くの方々がお出でになられます。
自然と歴史に恵まれた土地で、震災後は観光客も激減しましたがNHK大河ドラマ
「八重の桜」の効果もあり、少しづつではありますが戻って来た様に思われます。

観光シーズンにはお城の中に出店が並び、お土産などが販売されています。
その中には漆器のお店もありますが、漆器とはかけ離れた品物が並んでいる様です。

会津が好きで何度もお出でになられている方が今年初めて工房にお出でになられました。
何年か前に会津にお出でになられた時にお城で漆器のコーヒーカップを購入されたそうです。
しかし、いつまで経っても匂いがきつく今でも使えないと仰っていました。

値段をお聞きすると、漆で作られた品ではないと思われました。

お客様には木地・塗り・蒔絵の事を良く御説明しましたが、このお客様の様に
漆器と思い込み購入されている方々が多く居るのではないでしょうか。

会津漆器は勿論の事、観光地としてのイメージを落とす事は間違いないと思います。

売り手が正直にお客様に説明してはいないので、この様な事があると思います。

会津には「ならぬことはならぬ」と言う言葉があるはずなのですが・・・



御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
by yasuthugu | 2014-11-26 05:21 | work & goods | Comments(0)

妻へのお土産

妻が以前、家で熱帯魚を飼ってみたいと言っていたので、有田で買って来たお土産です。
e0130334_441864.jpg

熱帯魚は無かったので、有田焼の金魚とメダカとetc.

早速、家にあったガラスの器に入れて飾ってくれました。
e0130334_441965.jpg




御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
by yasuthugu | 2014-11-25 04:04 | etc. | Comments(0)

金地杯「四季草花」

会津塗伝統工芸士会会長の川俣さんから頂いた金地杯に絵を施しました。
e0130334_434210.jpg

e0130334_434222.jpg

金地は会津漆器の伝統技法の一つで輸出品にも多く用いられていました。

私も金地を施した事はありますが、金粉を多く使ったりで、専門になされている職人さんにはかないません。

餅は餅屋と言う事もありますが、会津漆器では金地を施す職人さんも
数少なくなっていますので、機会を作って御教授して頂きたいと思っています。

少し派手気味ですが、来年2月のドームでお客様の反応を見てみたいと思います。


御蒔絵やまうちのホームページは こちら





[PR]
by yasuthugu | 2014-11-24 04:03 | work & goods | Comments(0)

福岡

昨日は長崎から博多まで電車で移動して、太宰府天満宮に行って来ました。

土曜日だったせいか、多勢の人で賑わっていました。
e0130334_5184175.jpg

e0130334_5184298.jpg

初めての九州はお天気に恵まれて、良い思い出作りとなりました。

午後4時に福岡空港を出発し新潟空港を経由して会津に帰ったのは7時半でした。

今日からまた現実に戻り、工房に入ります。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
by yasuthugu | 2014-11-23 05:18 | travel | Comments(0)

長崎

昨日は大会会場を見学してから、午後からは観光で長崎に移動しました。

ホテルにチェックインし原爆資料館へ市電で移動。
e0130334_6311611.jpg

その後、タクシーをチャーターして眼鏡橋と夜景を堪能致しました。
e0130334_6311741.jpg

e0130334_6311894.jpg

夕食は予約していた坂本屋さんで卓袱(しっぽく)料理を食べました。
e0130334_6311881.jpg

一人¥10,800のコースです。
e0130334_6311972.jpg

帰りはホテルまで酔い覚ましに歩いて向かいましたが、出島とオランダ坂にも立ち寄れました。

夜でもコートが不要の暖かさ。羨ましく思われました。
e0130334_6312084.jpg

こちらが今回の参加者で会員は6名。
e0130334_6335363.jpg

来年は富山での開催となります。
もっと多くの会員の参加を望みます。

今日は福岡に戻り、夜には会津に帰ります。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
by yasuthugu | 2014-11-22 06:31 | travel | Comments(0)

佐賀、嬉野温泉での朝

e0130334_6565433.jpg

e0130334_6565599.jpg

初めての九州。嬉野温泉で朝を迎えております。

昨夜は1年振りにお会いした名古屋の武田さんと楽しい夜を過ごしました。

隣は有田の伝統工芸士、博子ちゃん。
e0130334_656568.jpg

最後は赤い橋を渡り、赤い橋という名前のお店で撃沈致しました。
e0130334_6565619.jpg

e0130334_6565710.jpg




御蒔絵やまうちのホームページは こちら







[PR]
by yasuthugu | 2014-11-21 06:50 | travel | Comments(0)