<   2017年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

糊作り

釜をお持ちのHさんに頼んでおいた麻糸乾漆が焼き上がって来ました。
e0130334_14403873.jpg

そこで次の工程で使う糊作りをしました。
e0130334_14403966.jpg

e0130334_14403979.jpg

これに漆を混ぜると糊漆になり、木粉を入れるとコクソとなります。

電気コンロを使って作るので汗だくでした。

しばらくは麻糸乾漆の制作で、筆を持つ時間が少なくなりそうです。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら




[PR]
by yasuthugu | 2017-07-31 04:36 | work & goods | Comments(0)

雨の中の収穫

昨日は雨でしたが毎年恒例のブルーベリー狩に行って来ました。

例年より少し遅いのですが、計画して三度目の決行でした。
前の二度は大雨と雷での中止でした。

朝6時から1時間半程での収穫です。
e0130334_12284368.jpg

e0130334_12284494.jpg

カッパを着込んでの収穫でしたが、申し訳ない程の値段でした。
e0130334_12284400.jpg

e0130334_12284511.jpg

昨年の収穫で作り置きしておいたジャムも底をついたので、妻が汗をかきかき作ってくれるはずです。




御蒔絵やまうちのホームページは こちら





[PR]
by yasuthugu | 2017-07-30 08:33 | food & drink | Comments(0)

色の違い

当工房の定番商品になっている麻糸乾漆小椀「宝づくし」です。
e0130334_06530397.jpg

制作時には黒内朱と朱内黒、同じ数を作りますが、
今回は黒内朱だけが嫁入りし在庫切れで、朱内黒だけが残ってしまいました。

そこで今回は黒内朱だけを作る事になりました。
e0130334_06530405.jpg

軽くて丈夫で御目出たい図柄ですので、お子様のお誕生祝いにと御求め頂く事が多い品物です。
何時も同じペースで嫁入りしていたのですが、今回は別の様です。


御蒔絵やまうちのホームページは こちら




[PR]
by yasuthugu | 2017-07-29 05:12 | work & goods | Comments(0)

会津漆器考「組合事業の下地講習」

麻糸乾漆の下地作業に必要な生漆と砥の粉が少なくなっていたので購入しました。

漆はこの様な容器に入っています。
e0130334_18535268.jpg

漆屋さんによってはプラスチック製の容器も有りますが、やはり漆と言えばこの容器です。

問屋の仕事をしていた頃は下地作業などは展示会用の自分の品物作り位でしたが、
これからの蒔絵師は下地作業や塗り作業も手掛けられた方が良いはずです。

私が下地作業を教えて頂いたのは今から30年以上前の弟子時代で、
組合事業で下地の講習会が開催されて参加させて頂きました。

私が一番若かったので、先生の前が私の席でした。
蒔絵師だけでなく木地師さんも居て、10名程での講習で、職人さんとの交流も出来ました。

先生の工房の仕事が終わってから夜6時から10時まで1年間、組合の2階の作業室で
現代の名工の塗り師さんからみっちり教えて頂きました。

丸物と板物の下地講習がありましたが、私は板物を受講しました。
ヘラ削りから錆作り、錆付け、研ぎと重箱と硯箱の下地作業を繰り返し学びました。
そのお陰で今があると思います。

あの頃の組合事業は有意義で、職人に眼を向けていたものが多かった様に思われます。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら




[PR]
by yasuthugu | 2017-07-28 06:10 | work & goods | Comments(0)

イベントのお知らせ

塗り師で漆の掻き子でもある村上君が主催している「会津・漆対談」のお知らせです。

急なお知らせですが今週末の29日です。
e0130334_11330413.jpg

今回で33回目の開催となります。

この世界に長く居ますが、大泉さんという方の事は知りませんでしたので、時間を作って参加したいと思います。


御蒔絵やまうちのホームページは こちら




[PR]
by yasuthugu | 2017-07-27 05:32 | Comments(0)

会津漆器考 「ステッキの絵付け」

叔母からステッキの絵付けを頼まれました。
e0130334_06280069.jpg

銀座の専門店で購入したステッキで高価な部類の品物だったそうです。

しかし残念な事に、こんな絵が付いていました。
e0130334_06280172.jpg

スクリーンで付けられた絵です。

おそらく「蒔絵付きステッキ」などと表示されていたんでしょうね。

何度も言いますが、蒔絵とは漆で描かれた絵の事です。

会津でも化学塗料やスクリーンで付けられた絵が「蒔絵〇〇」などとしてテレビなどで取り上げられのを見ると、
漆に携わる職人として無性に残念に思います。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら





[PR]
by yasuthugu | 2017-07-26 05:26 | work & goods | Comments(0)

栃杢摺漆タンブラー

こちらも伝統工芸士会展示会で身内買いした曽根さんの品物です。
e0130334_07201847.jpg

e0130334_07201931.jpg

栃の杢目が綺麗に出ている品物で、希少価値があります。

虎の縞模様に似ているので虎杢とも言われます。

綺麗な杢目を隠さない様に気を付けて絵付けしたいと思います。

MR漆で摺漆されているので、食洗機も対応出来るとの事ですが、絵を描くと使えなくなってしまいます。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら





[PR]
by yasuthugu | 2017-07-25 04:14 | work & goods | Comments(0)

麻糸乾漆飯椀

先日、御家族で埼玉からお越しになられたK様から御注文頂いた麻糸乾漆飯椀です。
e0130334_14051941.jpg

5客の御注文で在庫が無かったので、お時間を頂いて制作する事になりました。

ついでに在庫切れや御注文頂いている品物も作る事にしました。

K様は二度目の御来訪で今年のドームにも、お友達グループ6人でお越しになられました。

その時にそれぞれ御注文頂いた品物も仕上がった処でしたので、お送りする事になりました。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら






[PR]
by yasuthugu | 2017-07-24 13:52 | work & goods | Comments(0)

箸の切断

摺漆を施した箸の切断をしました。
この作業は外で行うので、、お天気を考えての作業となります。
e0130334_14115561.jpg

あらかじめ箸木地は持つ所を考えて長くなっています。
e0130334_14115624.jpg

切断した箸です。
e0130334_14115704.jpg

この後、切断部を仕上げて塗り込みます。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら





[PR]
by yasuthugu | 2017-07-23 07:23 | work & goods | Comments(0)

夏の定期便

毎年この時期に、塗りの伝統工芸士でゴルフの師匠でもあるFさんが持って来てくれる夕張メロンです。
e0130334_13071280.jpg

奥様の実家が北海道なので、毎年おこぼれを頂戴致しています。

早速、仏壇にお供えしましたが、家中に甘い香りがただっよっています。

今日、冷やして頂きます。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら





[PR]
by yasuthugu | 2017-07-22 05:37 | food & drink | Comments(0)