人気ブログランキング |

桔梗型五段大徳寺重

今日の投稿は3ヶ月掛かって、ようやく仕上がった品物の御紹介です。
e0130334_4501659.jpg

6寸桔梗型五段大徳寺重です。大徳寺重とは、茶懐石に使われる重箱の事です。

この重箱は、義父が残してくれた品物です。作ってから30年以上経っていたので、塗り師さんに塗り直してもらいました。

重箱の曲面は惣輪師(板物の木地師)さんが、全てカンナで削り出して作り上げたものです。
今でも会津にも一人だけ、この技術をお持ちの職人さんはいますが、高価な品になってしまう事でしょう。

蓋が二つありますので、いろいろなバリュエーションで使えます。
e0130334_554879.jpg

e0130334_59165.jpg

ドームでの展示に間に合い、ホッとしています。




御蒔絵やまうちのホームページは こちら
by yasuthugu | 2012-01-29 05:12 | work & goods | Comments(2)
Commented by もひかん at 2012-01-30 22:17 x
こ・・・これをドームで見ることが出来るんですね!!
絶対見たいっ!!!
Commented by yasuthugu at 2012-01-31 04:30
もひかんさんへ
お時間ございましたなら、お出かけ下さい。
連絡お待ちいたしております!
<< 修理品 東京ドーム「アリーナスタジオ」 >>