漆立て

雨が少なく猛暑日が続いたせいか、色漆の乾きが悪く仕事が進まないので、新しく立て直しました。
e0130334_4303953.jpg

新しく立て直した色漆です。
e0130334_4304319.jpg

こちらは「付け」と言って、漆の乾きやのしの調子を診る為のものです。
この具合が良ければ、絵付けに入ります。
e0130334_4304729.jpg

漆を作る作業は手が汚れてしまいますが、とても重要な仕事です。


御蒔絵やまうちのホームページは こちら
[PR]
by yasuthugu | 2012-09-04 04:25 | work & goods | Comments(2)
Commented by 蒔絵師masa at 2012-09-27 11:57 x
会津のほうでは「漆立て」というんですね。
こちらでは「漆合わせ」といっています。
色漆の管理、色数が多いと大変ですよね。かの山崎覚太郞先生の仕事場には漆管理だけをする弟子がいたと聞いたことがあります。
Commented by yasuthugu at 2012-09-29 04:41
蒔絵師masaさんへ
漆合わせですか。産地によって呼び方が違うんですね。
私もそんな弟子が居ればと思う時がありますね。
<< 新しいミッション イベントのお知らせ >>