篠笛の塗り直し(八重の桜 収録裏話)

高校時代からの友人に頼まれた篠笛の補修が仕上がりました。
e0130334_4512291.jpg

この二節部分が所々はげ落ちていて、国分幸一さんに呂色仕上げで塗り直して頂きました。
e0130334_4512573.jpg

蒔絵はサービスです。
e0130334_4512823.jpg

友人は市内天寧寺町の彼岸獅子団で笛を担当していて
今月、来年の大河ドラマ「八重の桜」の収録に参加するそうです。

内容は、石部桜の下で天寧寺町と北会津の小松獅子団が遭遇し縄張り争いになり、
主人公の山本八重が仲裁して仲直りするとの設定らしいです。

撮影は那須で行われるとの事でしたが、北会津の獅子団が石部桜がある旧滝沢町にどうして現れるのか?
滝沢町の獅子団は何処に行ったのか?

友人達も異論を申し立てたのですが、NHK側の返答は「脚本ですから」との事だったそうです。

いくら脚本と言っても、絶対あり得ない話。
地元の人間には不思議に感じられます。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら
[PR]
by yasuthugu | 2012-09-06 08:57 | etc. | Comments(0)
<< オリオンビール 夏も終わり >>