人気ブログランキング |

消し粉蒔絵工程Ⅳ(粉留め)

粉蒔きが終わり、漆風呂で充分乾かして粉留めです。

生漆を綿で描いた蒔絵の上に摺り込みます。
e0130334_4472159.jpg

e0130334_447244.jpg

ティッシュで漆を拭き取ります。
e0130334_4472726.jpg

昔は和紙を手で揉んで柔らかくして用いました。
これが弟子の大変な仕事でした。
塵が飛ぶので外でしなければならず、冬場などは手が悴んで辛かったのを覚えています。

粉留めで蒔絵の表面に薄い漆の幕が出来て落ちにくくなり、色粉の色やこの後の仕上げも際立ちます。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら
by yasuthugu | 2013-07-23 04:45 | work & goods | Comments(0)
<< 消し粉蒔絵工程(仕上げ) 町内夏まつり >>