人気ブログランキング |

会津漆器考 「会津漆器の銘品Ⅰ」

当工房にある、祖父や父が収集した会津漆器を御紹介したいと思います。

今回は明治時代に作られた洗朱の小皿で消し粉蒔絵で芹が描かれています。
e0130334_4432261.jpg

裏に明治31年に設立された「会津漆器徒弟学校」の紙が貼られています。
e0130334_4432485.jpg

おそらく10代の生徒の手による品物だと思います。
絵も素晴らしいタッチで描かれていますが、驚いたのは木地の薄さです。
e0130334_4432457.jpg

変形も無く、5枚重ねても2センチ程にしかなりません。
e0130334_4432534.jpg

昔の職人の腕に尊敬の念を送りたいと思います。



御蒔絵やまうちのホームページは こちら





by yasuthugu | 2015-02-28 04:42 | work & goods | Comments(0)
<< 会津漆器考 「情け無い話」 テマヒマうつわ旅 >>