釦(いっかけ)

九州のお店からお送り頂いた煮物椀の釦とりをしました。
e0130334_13420100.jpg
杯や重箱、椀の縁を金にする事を釦(いっかけ)と言います。

今では漆をローラで縁に付けて金を蒔きますが、数が少ない時は掌に漆を付けてやります。

弟子時代には一日中、釦とりをやった記憶があります。



御蒔絵やまうちのホームページです。


[PR]
by yasuthugu | 2018-04-03 05:14 | work & goods | Comments(0)
<< 錆作り 蒔絵体験 >>