譜面台に四季草花を描く工程Ⅰ

譜面立てに四季草花を描く工程を何回かに分けて御紹介させて頂きます。

初日(毎日出来る訳ではありません)は、裏面と側面を傷付けない様に、
布とエアーキャップで養生してから、花の配置を石黄で描きました。
e0130334_21121852.jpg
この花の配置には同じ色漆がまとまらない様に気を使いながら図案します。
この作業で半日掛かりました。

持って描く事が出来ないので、キャスター付きの敷板に漆風呂を置いて、品物を動かしながら描く事にしました。
e0130334_21213794.jpg
初日はここまでです。



御蒔絵やまうちのホームページです。


[PR]
by yasuthugu | 2018-05-11 04:51 | work & goods | Comments(0)
<< 譜面台の工程Ⅱ 羽反椀「松唐草に紅白梅」 >>