人気ブログランキング |

朱磨きの終了と工程

やっと粉に紛れた朱磨きの制作が終わりました。

残っていた銘々皿も磨き終えてお盆と一緒に嫁入りです。

こちらは銘々皿の工程の変化です。

左は粉を蒔いたもの、中央は生漆を2回摺り込んだもの、右側が磨き上げて仕上がった銘々皿です。
e0130334_09153118.jpg
e0130334_09153479.jpg

e0130334_09153793.jpg
磨くのは菜種油と石砥(せきと、砥石の粉)を手に付けて磨きます。



御蒔絵やまうちのホームページです。


by yasuthugu | 2018-12-19 08:42 | work & goods | Comments(0)
<< 新しいプリンター 白磁カップの塗り上がり >>