人気ブログランキング | 話題のタグを見る

第22回ふるさとあいづ工人祭り

6月7日・8日、会津三島町で工人祭りが開催されました。両日ともお天気に恵まれ、たくさんの人で賑わいました。会場の駐車場は朝から満車になり、他の駐車場からシャトルバスが巡回していました。
今年は全国各地から120人の工人が出店しました。東京ドームでお世話になっている秋田、川連漆器の佐藤さんにもお会いすることが出来、注文していた品物も受け取ることが出来ました。
私は毎年、木地を見つけるのを楽しみにしています。今年も3年ほど前から知り合った岐阜の工人さんから木地を購入しました。
お客さんからビールの差し入れもあり、運転は弟子の朋子に任せ、自然の中で美味しく戴きました。
第22回ふるさとあいづ工人祭り_e0130334_254040.jpg

会津漆器の若手職人の店、めしもり工房。朋子も参加しています。
第22回ふるさとあいづ工人祭り_e0130334_317195.jpg


第22回ふるさとあいづ工人祭り_e0130334_321426.jpg
第22回ふるさとあいづ工人祭り_e0130334_3222161.jpg

第22回ふるさとあいづ工人祭り_e0130334_3283671.jpg


7日は終了後、近くの温泉に入ってから友人の山荘で楽しい一夜を過ごしました。
第22回ふるさとあいづ工人祭り_e0130334_340592.jpg

御蒔絵やまうちのホームページはこちら
by yasuthugu | 2008-06-10 03:43 | event | Comments(2)
Commented by masamin0811 at 2008-06-10 17:36 x
懐かしいですね。工人祭り。
昔と違って、出品する種類も増えたのですか?
包丁なんて売ってなかったような・・・(~_~;)
山荘も懐かしい。
山女と岩魚食べたの思い出します。
柿の葉の天ぷらも。
たぶん、あの中で一番記憶が残ってるのは私でしょう。(笑)
Commented by やまうち at 2008-06-11 18:28 x
2~3年前から工人を装った商売人を排除したおかげで、雰囲気も良くなりましたよ。でもこの様なイベントを渡り歩く「渡り工人」も多く見受けられます。私の隣の焼き物?(樹脂粘土で作った動物)の人も大阪からやってきた人でしたが、口がうまくて売り上げも結構あった様です。
当工房は弟子のレクレーションも兼ねていますので、売り上げは二の次で、親方は自然の中でビールを呑めるのが楽しみでした。
今回の山荘のメイン料理は餃子とシュウマイで、ビールから始まりワイン、焼酎、日本酒と盛りだくさんでした。
やはり、後半の記憶は薄れています・・・
来年は是非、お出でください。
<< ラベンダー 「なかじま」のソース煮込みカツ丼 >>